ネイルのケア

ネイルの歴史の移り変わり

ネイルは爪に施すおしゃれです。
その歴史は世界的に古く、古代エジプトまでさかのぼります。
当時では、ネイルは階級を示すためのもので、一部の限られた人しかできないものでした。
世界のあらゆるところで古い時代から爪の装飾がされていましたが、現代のような、マニキュアを使った装飾がされるようになったのは、1923年頃になります。
マニキュアは、アメリカで発明された自動車用のラッカーが元になっています。
このようなマニキュアが欧米で普及されるようになり、やがて、1970年代頃に、日本に本格的なネイル文化が到来するようになります。
昨今では日常的なおしゃれとして、広く浸透していますが、数十年前までは、サロンの数やネイリストの数も少なく、施術も非常に高価なものでしたので、富裕層のおしゃれにとどまっていました。
やがて、スクールの数が増え、技術が浸透するに伴ってネイリストが増加し、サロンの数も増えてきました。
現代では、ネイリストなるためにスクールに通う人以外にも、趣味の範囲として技術を習得する人たちが増えてきています。
また、専用の雑誌も販売されていて、サロンに通わずにセルフで爪のおしゃれを気軽に楽しむ人たちが増えてきています。

ネイルのおしゃれを楽しむためにはケアが重要

ネイルは、スクールに通って特別に技術を習得しなくても、初心者でも気軽にできるおしゃれになっています。
ネイルというと、爪にマニキュアを塗ったり、アートを施したりして、デザインを楽しむものになりますが、それらを行う前にはケアがとても重要になります。
ケアがきちんと施されていないと、せっかく爪におしゃれをしても、きれいに見せることはできません。
ケアは、簡単に行うことができて、爪の健康を保つためにも重要になりますから、定期的にきちんと行うようにしましょう。
まず、用意する道具ですが、爪の形を整えるために必要な爪のやすり、そして、爪の甘皮を処理するために必要なキューティクルリムーバー、甘皮を押し上げるウッドスティック、甘皮を切るために必要なニッパーという専用のはさみになります。
これらは、お店で揃えることができますから、ケアをする際には準備をしておきましょう。
ケアは、ネイルの形や長さを整えることから始めます。
爪切りを使用してしまうと、爪が割れてしまったり、二枚爪の原因になってしまいますから、必ずやすりを使うようにしましょう。
そして、キューティクルリムーバーを爪の根本に塗り、軽くマッサージをして、お湯をはったボウルに指を入れて甘皮をふやかしましょう。
その後、ウッドスティックで甘皮を押し上げ、ニッパーで処理をすれば、ケアが完了します。
これらを施すと、爪の面積が広くなり、形がきれいに見えます。

check

LED イルミネーション
http://goodtoku.com/?mode=grp&gid=932677
ペット火葬 北区
http://www.nansaikaikan.com/singlefolder/kitaku.html
タイルカーペット
http://stepline.jp/tile-carpet.html
金券 買取
http://knet-ikebukuro.net/
トラックの買取
http://www.truckland.jp/

Last update:2016/9/7